プロフィール

    noplanist

    Author:noplanist
    ご訪問ありがとうございます
    愛機Nikon P510を片手に線路際やサーキットに出かけています。
    写真の腕前は○△*%ですが、よろしければチラ見でもしてやってください。
    さらにコメント、拍手、リンク頂ければ小躍りして喜びますので是非お願いします(笑

    (お願い)
    拙い写真ですが、当ブログの写真等の権利は放棄しておりません。大変申し訳ありませんが無断使用はご遠慮いただきたいと思います。

    FC2カウンタ
    カウンタ
    最新記事
    最新コメント
    ブログ村ランキング参加中
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2ブログランキング
    ランキングに参加しています

    FC2Blog Ranking

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    写真
    1870位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    662位
    アクセスランキングを見る>>
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ninja tools
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2017 鈴鹿8耐 & ニコンD3400デビュー戦w

    猛暑の夏。皆様いかがお過ごしでしょうか?

    ふと気が付くと、先頭に「スポンサーサイト」のロゴが燦然と輝き、もはやマンスリー化
    いや季刊化の感が漂ってますねえ (;´Д`A “

    さて、本題。
    今年も7月の最終土日曜に真夏の祭典、「コカコーラ鈴鹿8耐」に行ってきました。

    8tai_20170729-3200-DSC_0067.jpg


    今回は先日新しい相棒となったニコンD3400のデビュー戦。
    実は購入後、まったく撮影をしておらず、使い方も分からぬままのぶっつけ本番。
    いつもながら「まあ、なんとかなるでしょ^^」ってお気楽気分でしたが、そう甘くはなかった・・・。

    今までのP510感覚が身についちゃってたためか、AFの設定の仕方や露出の変え方さえもわからず、
    もうあたふたアタフタ。ついには現地でスマホで使い方を調べる始末と相成ったのでした (;´д`)トホホ

    start_20170730-3387-DSC_0324.jpg

    そんなこんなで、あっというまに決勝がスタート。もうこの時点で完全フルオート撮影です。
    (なんのために、デジイチ買ったのやらw)

    12_yoshimura_20170729-3311-DSC_0238.jpg

    さらには、予想出来てたとはいえ300mmでは1コーナースタンドからは物足りない。
    P510なら 1000mmクラスの破壊力を使って、迫力のドアップって構図を作れたのですが、無理なので
    300mmにあった構図の作りかたに四苦八苦。

    21_yamaha_20170729-3314-DSC_0241.jpg

    結局、頭がまとまらないまま同じような構図のオンパレードとなったのでした。

    634_20170730-3856-DSC_0935.jpg

    courseout_20170730-3645-DSC_0621.jpg
    転倒しても必死でピットまでマシーンを持ち帰ろうと力を振り絞るライダー。
    そして、それをヘルプするオフィシャル。
    観客席からは声援の拍手。
    こんなシーンがあちこちで見られるののが8耐。だから8耐観戦はやめられないんですよねえ。

    634_20170730-3771-DSC_0780.jpg






    12_yoshimura_20170729-3305-DSC_0232.jpg



    15_20170730-3821-DSC_0841.jpg


    そして、ライダーともに悪戦苦闘し続け、気が付けばチェッカー。


    goal_20170730-4293-DSC_0511.jpg

    撮影という意味では、不完全燃焼でしたがチェッカーの時のグランドスタンドの鮮やかな光と8時間を走り切ったライダーたちを
    見ると、やはり今年もちょっぴり込み上げてくるものがありました。
    やはり「必ず8時間後には、泣ける」って言った千石さんの言葉は間違ってないですねえ。


    今年は予選、決勝を通じて雨予報が出てましたが、結局土曜日のトップテントライアルは日差しも出る完全ドライ。
    そして、日曜日の決勝はスタート直後に雨が降りましたが、ほぼ曇りで時々伊勢湾から吹く涼しい風のおかげで、
    比較的過ごしやすい8耐となりました。

    でも、やっぱ8耐は どぴーかんのお天道様のしたで見たいので、来年も・・・・・。
    ただこちらの耐久力が心配ではあるのですが(笑

    12_yoshimura_20170730-3829-DSC_0855.jpg


    今日もご覧いただきありがとうございました。

    撮影日時:2017年7月30日
    撮影場所:鈴鹿サーキット
    撮影機材: Nikon D3400

    ブログランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!

    にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^


    スポンサーサイト

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真

    ナイトステージ

    8耐のイメージ=強烈な真夏の日差し、灼熱地獄、汗・・・・。

    5_fcc_DSCN4240-160731_19940_201608211122235da.jpg

    そんな8耐のもう一つの顔は真夏の太陽がその姿を隠し、次第に鈴鹿サーキットを吹き抜ける風が火照った体を冷やしてくれだす頃に始まります。

    suzuka_nightrun_DSCN4805-160731_20487.jpg

    暗闇を疾走する幾色の光のライン。コース上のライダーはまだまだ戦いの最中。しかし観客としてはこの光景はもう「アート」としか表現できません。

    そして、あと少しで感動のチェッカーが、そう「鈴鹿で必ず泣ける」を体感できる瞬間が近づいていることを告げてくれているのです


    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2016年7月31日
    撮影場所:鈴鹿サーキット 2016コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース
    撮影機材:Nikon P510

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真

    灯台下暗し?

    今年も鈴鹿8耐はBSで生中継がありました。

    051_lastcorner_DSCN3836-160731_19543.jpg

    てことで、炎天下で汗だくの観戦していたとうちゃんとジュニア君とは反対に、クーラーの効いた部屋で留守番の奥さんと次女はテレビでの観戦。

    帰宅後

    「もしかして映るかと思ってずっとテレビ見てたけど、分からなかった~(笑) どこで見てたの?」

    suzuka_TVclew_DSCN4312-160731_20008.jpg

    そりゃ~映りませんわなあ。だって途中からテレビカメラがある櫓の下あたりにいたので・・・・。

    まさに「灯台下暗し」・・・・・・・・・。


    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2016年7月31日
    撮影場所:鈴鹿サーキット コカ・コーラ・鈴鹿8時間耐久ロードレース
    撮影機材:Nikon P510

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真

    真夏の祭典。鈴鹿8耐

    毎年、鈴鹿サーキットで行われる真夏の祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」、略して「8耐」。
    チームもライダーもマシーンも、そして観客さえも暑さとの戦いが繰り広げられる8時間。そんなサーキット全体が耐久レースとなる「8耐」へ
    ジュニア君とともに5年ぶりに行ってきました。
    suzuka_gate_DSCF9956-160730_20741.jpg


    本来は決勝のみの観戦のつもりでしたが久しぶりの8耐をたっぷりと堪能したくなり、急遽土曜日のトップ10トライアルからの観戦と相成りました。
    (急な変更だったので、残念ながら土曜日午前に行われた4時間耐久レースは見れませんでしたが・・・。)

    suzuka_8tailogo_DSCF9963-160730_20748.jpg

    明けて日曜日の決勝当日。事前の天気予報では「曇り」だったのですが、ふたを開ければ結局は朝から快晴のドぴ~かん(汗
    スタート時のコンデションは気温35度、路面温度は50度オーバーというまさに「This is 8tai!」のスタートとなったのでした。

    suzuka_bigwheelDSCN3878-160731_19584.jpg

    すでに腕は日焼けでヒリヒリ状態。
    そんな中、いよいよスタートの午前11時30分が近づきます。10秒前からは場内アナウンサーともに観客席からはカウントダウンの声が。
    「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、スタート~~~~!」 観客席とコース上が一体になった感じで大好きな瞬間^^


    suzuka_start_DSCN3894-160731_19600.jpg

    8耐は伝統のルマン式スタート。スタートの合図とともにマシーンに駆け寄るライダーたち。

    suzuka_start3_DSCN3896-160731_19602.jpg

    いよいよライダーにとっても観客にとっても8時間という長く、そして熱い熱い戦いの始まりです。


    suzuka_start4_DSCN3911-160731_19617.jpg

    レース時間8時間、周回数210周以上、距離にして約1200kmの長丁場。しかし序盤からスプリントレースの様相を呈するのが近年の鈴鹿8耐。
    今年もスタート直後から白熱したトップ争いが繰り広げられました。

    1_hairpin_DSCN4315-160731_20011.jpg

    真夏の8耐。暑いのは当たり前なのですが、今年の8耐は午後になると路面温度は60℃オーバーになるほどの過酷なコンデションに(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    そのためか、あちこちで転倒が続出という波乱の展開になりました。

    15_haipin_DSCN4306-160731_20004.jpg

    でもピットクルーの方たちの頑張りもあって、リタイヤを免れ8時間を走り切ったチームも多かった気がするのも今年の8耐でした。


    そんな過酷な8時間を走り続け、栄光の表彰台をゲットしたのはこの3台。

    第3位 ゼッケンNo12 ヨシムラ・スズキ Shell ADVANCE 津田 拓也/ジョシュ・ブルックス/芳賀 紀行 組
    12_yoshimura_DSCN4160-160731_19863.jpg

    さすがプライベターの雄であるヨシムラ。黒と赤のカラーリングがかっこいい^^ ホンダ推しの自分ですが、2輪レースはヨシムラを応援してるんですよねえww


    第2位 ゼッケンNo87 Team GREEN・Kawasaki  柳川明/レオン・ハスラム/渡辺 一樹 組
    87_green_DSCN4185-160731_19888.jpg

    こちらも黒とグリーンメーカーカラーを身にまとったカラーリングがかっこいいカワサキのバイク。
    ベテラン柳川選手の走りが光ってましたね。


    第1位 ゼッケンNo21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM  中須賀 克行/ポル・エスパルガロ/アレックス・ロウズ 組
    21_1st_DSCN3723-160730_19432.jpg

    予選からライバルを一歩リードしていた感のあるヤマハファクトリーチーム。決勝もスタートこそ出遅れたもののトップを取り返したのちは危なげない走りでレースを続け、
    2輪専用シケインが設置され、コース距離が少し延びて以降では最多周回数である218周でチェッカーを受けました。


    suzuka_ending_DSCN4809-160731_20491.jpg
    これでヤマハは87年、88年以来28年ぶりの連覇という偉業を達成。
    全日本ロードレースJSBクラスでも中須賀選手はシリーズ4連覇、今年も3連勝と破竹の勢いのヤマハ。
    このまましばらくはヤマハの黄金時代が続くのではないでしょうかね^^

    suzuka_hanabi_DSCN4848-160731_20530.jpg

    かつて島田紳助さんが書いた「風よ、鈴鹿へ」の中で「鈴鹿8耐を走るメリットって何?」ていう紳助さんや仲間たちの質問に対して、
    千石清一さん(チームシンスケのライダー。いつもはバイク屋の親父だがかつては国際A級ライダー)が言った一言。

    「あるよ、絶対に鈴鹿で泣けるってこと」

    この言葉の意味を確かめたくって初めて鈴鹿8耐を見たのが94年。そしてその時はレース終了後の花火を見ながらボロボロ・・・・・。
    千石さんの言ったことは本当でした。
    それまでにも多くのレースを見てきましたが、これほどまで選手と観客の一体感みたいなものを感じたことはありませんでした。
    それは、過酷なレースを戦ってきたライダーへの「お疲れさん、よくがんばったね」という気持ちと熱い8時間を戦った戦友みたいな共感が生まれたからなのかもしれません。
    そして、こういう感情がみんなを虜にし、「また来年も8耐へ!」と思わすのだと。


    そして今年。みなさんのご推察どおりチェッカー終了後に目からも汗が・・・・・。 もちろんジュニア君の手前、ひっそりとでしたが(笑


    そんなこんなの思いを胸にしながら、鈴鹿を後にしました。「また来年も8耐に!」 と密かに思いながら^^



    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2016年7月31日
    撮影場所:鈴鹿サーキット コカ・コーラ・鈴鹿8時間耐久ロードレース
    撮影機材:Nikon P510

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真

    ドッグファイト

    1114_53_DSCN7194-151101_13094.jpg




    1114_08_DSCN7228-151101_13128.jpg

    今にも前車のテールに接触しそうなくらいの超接近戦。
    それはまさに「ドッグ・ファイト」という言葉がぴったり。そしてこれがバイクレースの醍醐味でもあるのです。


    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2015年11月1日
    撮影場所:全日本ロードレース選手権 鈴鹿サーキット 
    撮影機材:Nikon P510  Fuji

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。