プロフィール

    noplanist

    Author:noplanist
    ご訪問ありがとうございます
    愛機Nikon P510を片手に線路際やサーキットに出かけています。
    写真の腕前は○△*%ですが、よろしければチラ見でもしてやってください。
    さらにコメント、拍手、リンク頂ければ小躍りして喜びますので是非お願いします(笑

    (お願い)
    拙い写真ですが、当ブログの写真等の権利は放棄しておりません。大変申し訳ありませんが無断使用はご遠慮いただきたいと思います。

    FC2カウンタ
    カウンタ
    最新記事
    最新コメント
    ブログ村ランキング参加中
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2ブログランキング
    ランキングに参加しています

    FC2Blog Ranking

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    写真
    1282位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    風景
    445位
    アクセスランキングを見る>>
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ninja tools
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示

    時代の終焉~トワイライトエクスプレス

    ついに迎えたこの日・・・。
    1989年の運行開始から26年。大阪―札幌間 約1500kmを走り続けた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」がラストランとなりました。

    DSCF3234TWEXP.jpg

    先頭機関車に誇らしげに掲げられたヘッドマークも・・・・

    DSCF3266_twexp.jpg

    北の大地への旅情をそそる行き先表示幕も・・・

    DSCF3246_TWEXP.jpg

    出発ホームを知らせる時刻案内表示板に電光表示された文字も・・・。

    DSCF3241_twexp.jpg

    今日で見納め・・・・。

    DSCF3302_twexp.jpg


    「子供の手がかからなくなったらトワイライトエクスプレスに乗って2人でのんびりと北海道旅行にいこうな」
    そんな奥さんとの約束も結局果たすことが出来ませんでした。


    DSCF3308_twexp_201503121644189a3.jpg

    時間と効率の優先にシフトした現代の鉄道。


    旅情を感じさせられる列車がまたひとつ消えて行きます。


    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2014年9月6日
    撮影場所:JR大阪駅
    撮影機材:Fuji Finepix F820

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^


    テーマ:鉄道写真
    ジャンル:写真

    宮島 日帰りの旅 @宮島航路

    最近、子供の部活や習い事、塾などで家族全員が揃うことがなかなか無かったのですが、久しぶりに全員の時間が合ったので、日帰りで宮島に行ってきました。


    ということで、しばらく宮島の写真をアップしたいと思います。


    宮島へ渡るには、ご存じの通りフェリーに乗らなければいけません。

    宮島航路の歴史は古く、江戸時代から参拝者のための渡海船が就航しており、明治時代になると山陽鉄道が、さらにはこの山陽鉄道が国有化されたため、国鉄に引き継がれていきました。
    その国鉄も分割民営化され、宮島連絡船の運航はJR西日本に移管。現在はJR西日本の子会社であるJR西日本宮島フェリーが宮島航路を運航しています。


    JR宮島口駅を降りて、海側に徒歩6分の場所にJR宮島フェリーの宮島口桟橋があります。

    ferry_00_DSCN5965.jpg



    軒を並べて、広島電鉄が経営する宮島松大汽船の乗り場も隣接してあります。

    ferry_00_DSCN5966.jpg

    かたや「宮島直行」を売りにし、かたや「鳥居に最も近い!」を宣伝文句にし、建物の屋根や看板もJRよりも広電のほうが高く大きくして、明らかにお互いが競い合ってるように見えますが、実のところでは多客期には大挙して押し寄せる観光客を補完しあう間柄なのでしょうね

    実は、多少の変動はあるのですがここ数年の2社での乗船客のシェアはほぼ50:50なのだそうです



    現在、JR宮島航路には3隻の鉄道連絡船が就航しています。


    「ななうら丸」(宮島桟橋)
    ferry_05_DSCN5999.jpg
    総トン数 196t 

    宮島航路に就航する3隻の中で最古参連絡船。1987年2月就航ということで国鉄最後の新造連絡船になります。
    だからなのかは分かりませんが、国鉄宇高連絡船の外観にちょっと似てる気がするのはわたしだけでしょうか?



    大鳥居沖を航行する「ななうら丸」
    ferry_02_DSCN6183.jpg
    昼間の便は、わざわざ大回りして鳥居の前を通過するため、所要時間は松大汽船のほうが短いそうです。




    「みせん丸」(JR宮島口桟橋)
    ferry_07_DSCN6202.jpg
    総トン数 218t

    1996年4月就航。JRになって初めての新造連絡船です。
    前述の「ななうら丸」と比べると2階が客室、3階が展望デッキとなっており、鉄道連絡船というよりも観光船の色合いが濃くなった船のように感じます。


    松大汽船とすれ違う「みせん丸」
    ferry_06_DSCN6155.jpg

    うすい青が基調の松大汽船とオレンジのラインが入ったJR。色の違いで外観の差別化を図ってるみたいですね。




    「みやじま丸」
    ferry_01_DSCN6008.jpg
    総トン数 254t

    2006年1月に就航した宮島航路で最も新しい連絡船です。
    この「みやじま丸」は従来のデーゼルエンジンをプロペラの推進力に用いるのではなく、デーゼルエンジンで駆動させた発電機を推進力に用いた日本最初の船舶だそうです。
    とはいっても、実のところ素人なものでこの辺のところはあまり良くわからないのですが(笑)



    ferry_03_DSCN6182.jpg






    ferry_04_DSCN6187.jpg



    かつては北海道と本州を結ぶ青函連絡船、四国と本州を結ぶ宇高連絡船など大動脈で大きな役割を持っていた国鉄連絡船でしたが、
    現在は、この約2km程の宮島航路を残すのみとなってしまいました。

    しかしながら、旅情あふれるこの航路でいつまでも頑張って欲しいと、心から願っています




    では また


    ブログの記事を読んで気に入っていただけましたら、是非クリックをお願いします!!ラブラブ!


    にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
    にほんブログ村

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    テーマ:鉄道写真
    ジャンル:写真

    タグ:宮島 連絡船 JR 国鉄