プロフィール

    noplanist

    Author:noplanist
    ご訪問ありがとうございます
    愛機Nikon P510を片手に線路際やサーキットに出かけています。
    写真の腕前は○△*%ですが、よろしければチラ見でもしてやってください。
    さらにコメント、拍手、リンク頂ければ小躍りして喜びますので是非お願いします(笑

    (お願い)
    拙い写真ですが、当ブログの写真等の権利は放棄しておりません。大変申し訳ありませんが無断使用はご遠慮いただきたいと思います。

    FC2カウンタ
    カウンタ
    最新記事
    最新コメント
    ブログ村ランキング参加中
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2ブログランキング
    ランキングに参加しています

    FC2Blog Ranking

    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    写真
    863位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    300位
    アクセスランキングを見る>>
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ninja tools
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    RSSリンクの表示

    I  ♡ HONDA 

    civic_EF3_DSCN7734-151115_13628.jpg


    大学卒業の直前。免許を取得して初めて買った車は名機ZCエンジンを搭載したクイントインテグラ 5Dr。
    リトラクタブルライトを装備し、フロントからリアまで流れるようなフォルムがおしゃれな車であり、たまたま読んだ自動車雑誌で見つけたとき
    「はっ、この車!絶対に買う」
    って叫んだのを今でも鮮明に覚えています(笑


    civic_EG6_DSCN8052-151115_13942.jpg


    以来、インスパイア(CB5)→インスパイア(UA2)→オデッセイ(RA6)と一貫してホンダ車を乗り続け、気が付けば約30年。
    自他ともに認めるホンダ党となりました。


    CRX_DSCN8088-151115_13978.jpg

    「ホンダ」に惹かれたのきっかけ・・・。
    それは大学の先輩が乗るアコードで買い物に出かけた時に、本田宗一郎氏とホンダについて聞かされてから。
    その時、根っからのホンダ党であった先輩は、道中で終始本田宗一郎の素晴らしさとホンダという会社のチャレンジ精神について熱く語ってくれました。
    本当言うと、この時の自分は

    「免許を取ったら、トヨタ車を^^」 「やっぱ車はトヨタだよねええ」

    って思ってたのですが、先輩のホンダに対する熱い思いが頭から離れることが出来ず、気が付けばホンダという会社に惹き寄せられていたのでした。


    CRZ_DSCN8101-151115_13991.jpg


    確かに当時のホンダ車は魅力的な車が多かった。シビックやCR-Xを代表するスポーティな車があると思えば、プレリュードやアコードのようなおしゃれな車もありました。
    そして何よりもホンダ車は運転してて楽しい車が多かったのでした。
    かつて3代目ホンダ社長であった川本信彦氏も雑誌の対談で

    「ホンダは後ろに乗る人のことを考えて作った車はない。ホンダの車は運転して楽しい車しか作ってないのですよ」

    という言葉が当時の「ホンダ」という会社の車造りに対するのスタンスを如実に表した言葉ではないでしょうか。


    integra_DC5_DSCN7820-151115_13714.jpg


    時代は変わり、今はミニバンやコンパクトワゴンなどのファミリーユースが中心の車がもてはやされています。そして、高出力、ハイパワーを追及するのではなく
    ハイブリッドを中心としたエコカー全盛の時代となってしまいました。
    もちろんホンダもこの流れに乗り、スポーツ色は薄くなり低燃費のハイブリッド車が販売の主力となっています。
    そんなホンダからはかつてのこちらが熱くなってしまうくらいのチャレンジ精神を感じることはありません。

    しかし、やはりあの「H」マークを見ると、若かりし頃を思い出し何故か「ときめいて」しまうのも事実なのです。


    s2000_DSCN7539-151115_13433.jpg

    今後、車はどういう風に変わっていくかは分かりません。そして、ホンダという会社の車造りに対するスタンスも・・・・。
    しかし、これからも車という乗り物に乗る限りは「H」マークを付けた車から離れることは無いと思うのです。
    何故なら、やはり「ホンダ」が好きだから・・・・。

    そして今月末・・・・。

    我が家で4台目の「H」マークであり15年間乗り続けたオデッセイと別れを告げ、我が家の新しい「H」の歴史が幕を開けます。
    その日まで、しばし・・・・。

    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2015年11月15日
    撮影場所:岡山国際サーキット チューニングフェスタ2016 
    撮影機材:Nikon P510

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真

    LOW-KEYに憧れて

    LOWーKEY(ロー・キー): 写真・映画・テレビで、画面の調子が暗くコントラストの低い画像。

    lowkey_DSCN7547-151115_13441.jpg

    鉄道写真の王道と言えば・・・・・。
    綺麗な景色をバックに直線部分や大きなRを描きながらカーブを豪快に通過していく長大編成の車両をメインに撮影する編成写真。
    季節を代表する木々や花や建物などをアクセントにしたりする情景写真。
    もちろん、それらの大半は順光のもとで撮影され、彩りも鮮やかな作品に仕上がっています。

    しかし・・・・・。
    数年前に偶然に出会った鉄道写真メインのブログに衝撃を覚えました。
    その方の作品はかなり暗めであり、ややもすれば憂鬱感さえも感じてしまいそうな作品。ただ何故か、それらの作品に惹きつけられてしまいました。
    全体に暗めな画面の中でボディーの一部から強烈に放たれる光があまりに美しかったから・・・・。
    そして、その輝きが鉄の塊感と機械の美しさを見事に表現しているように感じたのです。
    それはサーキットを疾走するマシーンにも言えること。

    そしてそれ以降、ローキーな写真を撮影するスタイルに変わってきました。



    lowkey_DSCN7572-151115_13466.jpg

    まだまだ未熟なため、ただただ暗い写真に見えるかもしれません。 機械の美しさを表現しきれていないかもしれません。
    でも、これからもローキーな写真を極めるために試行錯誤していきたいと密かに思っているのです。

    今日もご覧いただきありがとうございました。では また

    撮影日時:2015年11月15日
    撮影場所:岡山国際サーキット 2015チューニングフェスタ
    撮影機材:Nikon P510

    ランキングに参加しています。よろしければ下のいずれかのバナーをクリックお願いします!!ラブラブ!
    にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ   にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ   にほんブログ村

    今後の励みになりますのでこのブログ記事や写真が気に入っていただけましたら、「拍手ボタン」のクリックもお願いします^^

    テーマ:モータースポーツ写真
    ジャンル:写真